イラストレーターのためのツイッターとインスタグラムの使い分け

売る

イラストレーターとしてファンを増やすために、SNSは重要です。タイムラインの流れが速いSNSでもイラストは目立つので、イラストレーター向けのツールです。

日本でユーザーの多いSNSにはツイッターとインスタグラムがありますが、両方登録すると使い分けに迷いますよね。どっちもフォローしてくださる人のために、できれば違う内容を投稿したいところ。そこで、イラストレーターのためのツイッターとインスタグラムの使い分け方について紹介します。

スポンサーリンク

ツイッターとインスタグラムの違い

ツイッターとインスタグラムを使い分けるために、まずは両者の特徴について書いておきます。

ツイッターインスタグラム
利用者数(国内)3.1億人(4000万人)7億人(1600万人)
写真任意必須
ハッシュタグあまり付けないたくさんつける
投稿頻度多いあまり多くない
拡散力強い弱い

利用者数

ツイッターは国内での利用者数はインスタグラムに勝っていますが、世界では圧倒的にインスタグラム利用者が多いです。ツイッターは2017年まで文字数制限が140字となっていて、アルファベットを使う言語では活用が難しかったのです(日本語や中国語等は現在も140字制限)。

写真

インスタグラムは写真をメインに見せるSNSです。ツイッターは写真の添付は任意です。

「インスタ映え」という言葉があるように、インスタグラムではオシャレな写真が好まれます。ツイッターではそこまでオシャレさは求められず、逆に生活感のある写真も人気が出たりします。

ハッシュタグ

インスタグラムにもツイッターにもハッシュタグがあります。(#で始まるタグ)

ツイッターでは1つのツイートにあまりたくさんのハッシュタグをつける文化がありません。たくさん付けると嫌われる傾向にあります。

インスタグラムはツイッターと違って投稿を拡散する機能がないので、ハッシュタグをたくさん付ける傾向にあります。中には「そんなタグ誰が検索するの?」というような無駄なタグをつけている人も。例えば「#今日は久々の美容院 #どんな髪型にしようかな #結局担当さんにおまかせ」のような感じです。それタグにする必要あるんでしょうか…と個人的には思います。

投稿頻度

ツイッターはタイムラインが時系列になっていて、どんどん流れてしまうので、ある程度の投稿頻度が必要になります。

インスタグラムは写真を必ず付けるという性質上、頻繁にはアップするユーザーは少ないようです。タイムラインもおすすめ順で表示されるので、ツイッターほど投稿頻度は必要ありません。ハッシュタグ検索を使って過去の投稿まで遡って見てもらえるという性質も影響しています。

拡散力

ツイッターにはインスタグラムにはない「リツイート」という機能があります。他人のツイートを自分のツイートとして再投稿することで、自分のフォロワーに広める機能です。これによって、ツイッターの方が拡散力が高くなります。

インスタグラムではURLを掲載してもリンクされませんが、ツイッターはURLをツイートすることもできます。ブログやnoteもやっているなら、ツイッターを使って更新をお知らせすることもできます。

ツイッターとインスタグラムの使い分け

ツイッターは拡散力が高いのでバズりやすさを意識した投稿が向いています。自分の失敗談を漫画にしたり、育児などのあるあるネタ、面白いイラストなどがおすすめです。

インスタグラムはオシャレさを意識したイラストが良いです。ファッションコーディネートをイラストにしたり。ファッション雑誌のコラムに乗っていそうなオシャレなテイストのイラストが人気です。例えば下の画像のようなイメージ。

イラスト by morockmeさん

ツイッターではアニメテイストのイラストの方が反応が良いです。内容だけでなくイラストのテイストで使い分けるのも1つの方法ですね。

インスタグラムは海外ユーザーの割合が多いですが、イラストに言語の違いは関係ないので、世界7億人という利用者数の多さも魅力です。フォロワーがいなくても「いいね」が付きやすく、初心者イラストレーターにとってはモチベーションアップに繋がります。両方を使い分ける時間がないという方は、まずはインスタグラムを始めてみるのがおすすめです。

まとめ

ツイッターとインスタグラムの使い分け方法について紹介しました。それぞれの特色を知ると、上手な使い方が見えてきます。色々な層の人に自分のイラストを見てもらうために、両方のSNSをうまく活用していきましょう。

売る
スポンサーリンク

30過ぎたけどイラストレーターの勉強を始めた主婦

\Follow Me/
笠矢サヤIllustration

コメント TwitterやFacebookアカウントでコメントできます。